PROJECTS事業一覧

第1期
平成29年度(平成29年4月10日から平成30年3月31日)

1.若者クリエイティブコンテナ(YCCU)の施設運営・管理

若者クリエイティブコンテナは、次世代を担う若者を始め多くの市民参加を生み出し、未来志向のまちづくりを推進する活動拠点として平成29年4月にオープンしました。YCCUに求められている主な3つの機能(①新たなまちづくりに係る「研究・提案」のシンクタンク機能、②これをベースに多主体が連携しながら「施策化・事業化」を企画・調整し、「持続的運営」を支援するプラットフォーム機能、③これを市民や社会に対して「発信」し、「参画」、「交流」を促すプロモーション機能)を推進しつつ、実践的な活動を進めています。

2.中央町回遊道路の空間設計の提案(平成29年6月~9月)

多世代交流スペース周辺の街路環境整備の一環として、飲食店が密集している主要道路とつなぐ回遊道路の設計提案を行いました。飲み屋街にある空き家の一画を撤去し、ポケットパークを含めた回遊道路の提案です。計画中には園芸及び都市計画の専門家等のワークショップを実施しており、2回の地域住民意見交換会を行いました。

ワーキングの様子

提案内容

住民意見交換会(2017年7月6日(木)、第2回(2017年8月2日(水))

3.賑わい創出イベント(平成29年6月25日(日曜日)・8月2日(金曜日))

多世代交流スペースを宇部市民に知ってもらい、更に賑わいを創出するために、しばふ広場を活動したガーデンフェスタを2回実施しました。2回にわたるアンケート調査では、しばふ広場という場所を知らなかった市民が、23.8%から21.2%へと減少しており、今後のイベントへの参加意思は、45.2%から54.8%へと増加していることが明らかになる等、ある程度のイベントの目的が達成したと言えます。また、来年度も継続的な活動へとつなげていきたいと考えています。

4. 宇部のいいトコ写真展(平成29年10月22日~11月25日)

宇部市では、市民が本市の魅力に誇りと、本市に対する愛着心を持ち、市民がまちづくりに積極的に取り組む気運を高める、いわゆる「シビックプライド」の醸成を図る取り組み「宇部のこころプロジェクト」を市制施行100周年に向けて進めています。
YCCUは、宇部市が進めている、「宇部いいトコ100選」に協力・連携し、今年度「まちじゅうアートフェスタ」の期間中(平成29年10月22日~11月25日)にYCCUにて展示を行いました。

5.ソトノバアワード2017-地方賞受賞(平成29年11月)

ソト空間における日本代表のマガジンであるソトノバが主催したソトノバアワードに「宇部まちなかにぎわい拠点マネジメント」という題名で応募し、地方賞を受賞しました。

6.「屋台ラボ」・空き家リノベーションの設計及びデザイン支援(平成29年11月~平成30年2月)

中央町の空き家を利活用し、ハンドメイドショップや工房からなる新しい活動拠点が誕生します(平成30年4月21日(土曜日))。(株)にぎわい宇部に協力し空き家リノベーション事業の設計及びデザイン提案を行いました。また、屋台の制作やリノベーションDIYに協力しました。

7.Uサロンの実施

(第1回5月15日(月)、第2回7月3日(月)、第3回9月27日(水))
宇部(U)サロンは、まちの社交場として、地域の課題や最近の取り組み等について話したり、情報交換をしたり、する持ち寄り形式の交流会です。

8.中央町歩きマップの作成

宇部市民に多世代交流スペースを知ってもらう、また車が中心となっている中央町を歩いても楽しいまちにするための、第一ステップとして、中央町歩きマップを作成しました。このマップは、若者クリエイティブコンテナのHP等でダウンロードできるようになっています。ダウンロードは、こちら

9.中央町地区の通行量及び駐車場の稼働率調査

中心市街地の空洞化問題把握の一環として、中央町エリアの駐車場の現況と時間別の稼働率の調査を行いました。現地調査によると、現在中央町(1丁目・2丁目・3丁目)の駐車場総量は、100敷地・1596台(①コインパーキング総量10敷地・331台、②客用駐車場総量7敷地・115台、③月極駐車場総量83敷地・1150台)となっています。時間別の稼働率を調査するため、平日(2017年10月16日(月))と休日(10月21日(土))の朝8時~夜19時までの、11時間における各敷地の駐車台数の変化を整理しました(図参照)。

まず、全体駐車場の総量からみますと、週末にしてもピーク時間帯の19時の稼働率が44.7%に止まっており、5割を下回っていることが明らかとなりました。即ち、約3,000坪(約12㎡(駐車場の1台面積)×800台=約96,000㎡)がピークの時間帯でもあまり使われていない空間となっています。更にコインパーキングに絞った場合、週末ピーク時の稼働率は56.7%であり、特に17時以前は15%を下回っていることが明らかとなりました(図参照)。

このように地上駐車場の稼働率は、6割を下回る結果となっています。まちなかの再生や公共空間の利用促進のためには、残りの4割の使われていない空間に対する人々のアクティビティが発生する機能が求められています。例えば、地元の市場やマルシェなど時間帯に応じた駐車スペースの別用途への利活用等が考えられるでしょう。また、長期的には土地の活用促進に向けた取り組み等が必要になってくると思います。

10. まちなか再生ミーティングPartIIIの開催(4回)

平成29年度は、中央町地区をにぎわいのあるまちへ再生していくために、みんなで共有する①まちのビジョン(基本構想)と、それに基づく②社会実験のコンテンツを提案することを目的にまちなか再生ミーティングPartIIIを実施しました。提案した内容を基に、平成年度の社会実験につなげていく予定です。